立地面の特徴 | ラブホテルでデリヘル・ホテヘルの性的プレイを満喫する

立地面の特徴

ラブホテルの立地は、多くの場合繁華街もしくは主要幹線道路や高速道路のインター付近に設定されます。
それは人の流れを考えれば自然なことです。
繁華街に設置することによって、男女カップルがデートの流れで立ち寄ることが可能です。
また、ホテヘルやデリヘルを利用するにあたって、待ち合わせ型のコースを利用する時には繁華街のラブホテルが多く利用されます。
幹線道路や高速道路のインター付近に設置されたラブホテルは、ドライブデートの流れで多く利用されることが多いといえます。
車で自然と入ることができるようになっていることに加えて、外からは駐車場が見えにくいようにエントランスが設計されているのが特徴です。

ラブホテルを利用するときには、休憩料金と宿泊料金の違いに注目することがポイントです。
休憩料金とは、1時間や2時間など、ホテルごとに決められた時間設定で手軽に部屋を利用することができるコースです。
本当に休憩をするも良いですし、まったりデートのコースに混ぜることもできます。
二人だけの空間ですから、好きなだけイチャイチャすることができる便利な場所として使うことができます。
二人の気持ちが高ぶった時に、時間を問わず利用できるのは便利です。
休憩を利用するのであれば、サービスタイムやフリータイムと呼ばれる時間を利用するとお得に遊ぶことができます。
休憩時間であっても、宿泊時間とぶつかるまでずっと部屋を利用することができるコースがサービスタイムです。
休憩時間の料金で据え置きのまま、10時間前後利用できることもある便利なコースです。
サービスタイムを利用すれば、とことん設備をフル活用することができるでしょう。
宿泊の場合は、部屋ごとに料金が全く違うことに注意が必要です。
また、休日と平日とでも料金が大きく違います。
料金表示の変化によく注意して選ぶことが大切です。
ここで、デリヘルとホテヘルの場合は休憩制度を利用してプレイ時間を楽しむことができます。
休憩制度は、こういった目的でも利用することができます。
この制度があるからこそ、デリヘルやホテヘルは成長を遂げたといえます。

このエントリーをはてなブックマークに追加